記事作成代行サービスの費用相場とは? 選び方と依頼の流れ

Webメディア運用で、もっとも重要なのが「記事の作成」。肝心要のコンテンツを担う部分です。

自社でやるリソースが不足している場合、記事作成代行サービスを検討することになります。実際のところ、どれほどの費用がかかるのでしょうか。

今回は、自社に合った記事作成代行サービスの費用相場と選び方を紹介します。

記事作成代行サービスの費用相場

記事作成代行サービスの費用相場は非常に幅広いため、事前に「見積もり」をとることをオススメします。

費用は基本的に「文字単価」か「案件ごとの単価(1本○円で対応)」の考えかたです。「文字単価」の場合、相場は2~10円程度です。

クラウドソーシングによる依頼は安価になりやすく、文字単価1円~2.5円程度です。

経験を積んだライターや専門家・著名人になるほど高くなりやすく、文字単価10円以上になることもあるでしょう。

インタビュー記事などは、「案件ごとの単価」で考えられることが多く、1本あたり20,000円〜100,000円程度が相場といわれています。

予算を抑えるために「安い」だけで依頼先を選んでしまうと、低品質の記事が納品されてしまうこともあります。

再依頼先をみつけて、記事を書き直してもらうなど、余計なお金と時間がかかってしまう可能性もあるため価格だけでなく、過去の実績を確かめて依頼しましょう。

記事作成代行サービス選びで確認すべきポイント

記事作成代行サービスを選ぶとき、気をつけるべきポイントを説明します。

記事作成の実績を確認できるか

公開する記事は、会社の印象を左右する顔になります。

事前に「見積もり」を取るとき、依頼したい記事に似た実績を送ってもらうようにしましょう。安心して任せられる実績があるか・依頼費用と記事の質にズレがないかなどの確認ができます。

代行会社のブログやオウンドメディアも、記事の質やスキルを見極める判断材料として有効です。

作りたい記事と依頼先の得意分野が一致しているか

ミスマッチをなくすために、依頼したい記事と代行会社の得意分野が一致しているかチェックをしましょう。

たとえば、リライトをメインに依頼を引き受けている会社に、取材インタビューを頼んだとします。

しかし、インタビュー記事の作成経験が少ないため「相手の話を引き出すスキル」が足りず、記事の内容が薄くなるかもしれません。やはり、ここでも過去実績のチェックが重要ですね。

料金設定がハッキリしていているか

費用の考え方は文字単価・1案件ごと、追加料金はどのようにいくら発生するかなどさまざまです。

記事のつくり方も、記事の企画から作成まで「すべて」を依頼するか、自分たちで企画を立てて「執筆のみ」を依頼するかで、料金が異なる可能性があります。

取材やインタビュー記事の場合は、フォトグラファー代がかかるかもしれません。

事前に見積もりをとり、料金設定をハッキリさせることで安心して依頼ができるはずです。

依頼内容を下請けに任せていないか

代行会社が、記事作成を再委託していることもあります。

代行会社と再委託ライターが、信頼できるスキルと関係性を築けていれば、記事品質に悪い影響は与えません。

しかし、スキルが低く信頼関係の薄いライターに再委託している会社には注意が必要です。契約を結ぶ前に、以下を確認するようにしてください。

  • 下請け・再委託があるか(ある場合、信頼できる下請けか確認)
  • 料金とズレがある質の記事が納品されないか

信頼関係を築けるコミュニケーションをとり合えるか

質の高い記事をつくるために大切なのが、発注側と依頼を対応する側の信頼関係です。

しっかりヒアリングしてくれるか、建設的な意見を言い合えるかで、記事に対する認識の擦り合わせが大きく変化します。

記事作成を継続的に行う場合、信頼を築ける相手なら長期的な付き合いもできるはずです。

SEOのスキルをもっているか

Web記事は、SEO(検索エンジン最適化)と呼ばれるシステムから高い評価を得ることで、多くの人の目に触れる機会が増えます。

記事の内容がいいことはもちろん重要。加えて、SEOに「この記事は質が高い」と認識してもらうための工夫が必要です。

SEOに必要な専門知識をもっている代行サービスに記事をつくってもらうことで、効果的な発信が行えるでしょう。

【依頼~記事納品】記事作成代行全体の流れ

記事作成代行の全体の流れを説明します。

①記事作成代行の依頼先を決める

記事作成を請け負う代行先は、主に3通りです。

記事作成代行の会社

プロの専属ライターが、記事をつくる代行サービスです。

メリット
  • 企画・構成・SEOの最適化など多くの業務も引き受けてくれる
  • クラウドソーシングでつくる記事よりも完成度が高くなりやすい
デメリット
  • 依頼費用が高くなりやすいため、料金設定の確認が必要

フリーランスのライター

個人のフリーライターに直接依頼する方法です。

メリット
  • 細やかな相談ができるケースが多い
  • 素早い納期に対応してくれるケースが多い
デメリット
  • いいライターと出会うのが難しい
  • 経験値の高いライターは費用がかかる

クラウドソーシング

ライターと依頼者(発注側)が、マッチングをした後、記事の執筆をしてもらうサービスです。「ランサーズ」「クラウドワークス」などが有名です。

メリット
  • プロに依頼するより低価格
  • 依頼〜納品までを比較的短期間で終えられる
デメリット
  • ライターの経験の差が、記事の完成度にバラつきを生む
  • 信頼できるライターか見極めが難しい
  • 明確な要望や指示出しを行えないと、意図と異なる記事が納品される

②作成する記事の方向性を決める(企画提案・構成づくり)

作成する記事の方向性を固めていきましょう。

「自社サービスの認知度をあげたい」などの相談を元に打ち合わせを行い、記事づくりをしてくれる代行業者もあります。

そのとき、記事の発信で得たい効果(認知度を高めたい、売り上げを伸ばしたいなど)を明確にしておくことで、納得いく記事が完成しやすくなります。

③記事の作成やリライト(執筆・編集)

記事の方向性が決まったら、執筆が始まります。

読者は、文字だけの記事に対して、読みづらさや、わかりにくさを感じやすいです。そのため、効果的な画像や動画を盛り込む必要があります。

画像や動画によって、記事の閲覧率や内容の理解率が大きく左右されるため、非常にスキルが求められる作業です。

④初稿のチェックをする(修正箇所があるか確認)

できあがった記事のチェックを行います。

誤字脱字、依頼内容と記事内容にズレがないか、画像や動画は最適か、研究データなどの引用元が記載されているかなどを確認しましょう。

ここで、修正してほしい箇所を見つけた場合、記事の修正依頼をかけます。

⑤記事の修正

代行サービス側のミス(誤字脱字など)の場合、修正は無料のケースが多いですが、依頼者の都合(記事の方向性を変えたい・イチから作り直してほしいなど)だと、有料になる可能性が高まります。

修正の料金はどのようなケースで発生するのか、事前に確認しておくと安心でしょう。

⑤納品

記事の出来に満足したら、無事納品です。公開して、多くの人に記事の内容を届けましょう。

記事作成代行を依頼するメリットとデメリット

記事作成を依頼するメリットとデメリットは、以下のものが挙げられます。

記事作成代行を依頼するメリット

  • 業務に集中できる
  • 多くの記事を一気に納品してもらうことも可能
  • SEO対策をしてもらえる
  • メディアの質を高められる

記事作成することで、本業に集中できることが一番です。

また、記事作成を受託する会社は、記事作成を専門としている会社です。SEO対策はもちろん、読みやすい文章を作成してくれるので、記事の質も向上します。

その結果、メディア自体のクオリティ向上に繋がるのです。

記事作成代行を依頼するデメリット

  • よい依頼先を見つけるのが大変
  • ライターにスキル差がある
  • ディレクションに失敗すると意図しない記事が納品される

記事の作成代行会社は数多くあり、各社に特徴があります。自社がつくりたい記事の内容や予算にマッチした会社か、判断しなければいけません。

見極めが甘いと、何度も修正を行う・意図と異なる記事が納品されるなどの失敗が起こってしまいます。

丸投げにせず「どんなメディアにしたいのか」「どんな記事をつくりたいのか」という意志をしっかり持って、依頼する必要があります。

記事作成代行サービスに依頼できること

記事作成代行サービスで依頼できる、主なコンテンツを紹介します。

コラムやブログ記事

自社サイトやオウンドメディアに、コラムやブログ記事を掲載することで、サービスや商品の認知度向上を図れます。

どのような記事がつくりたいか、理想の構成・内容などを打ち合わせで伝えることで、納得いく記事納品をしてもらえるはずです。

取材・インタビュー

取材・インタビュー記事づくりには、以下のような手順を踏みます。

  1. 取材先決め
  2. 取材の許可取りや日程調整
  3. 写真が必要な場合、フォトグラファーのオファー
  4. インタビューを行う場所決め
  5. インタビュー本番
  6. インタビューで得た内容を記事としてまとめる

これだけの工程をこなすには大変な労力が必要です。加えて、インタビュアーの話しやすい雰囲気づくりや、話を引きだすスキルが記事の完成度を左右します。

インタビュー慣れしている代行先に依頼することで、手間をかけず質の高い記事を作成できるのです。

LPやコピーライティング

LP(ランディングページ)やコピーライティングは、商品・サービスに興味をもち、問い合わせなどのアクションをとってもらうために重要な要素です。

少ない文字数で、わかりやすく魅力的な発信をすることは意外と難しいため、プロに任せることをオススメします。

SEOコンサルティング

検索エンジンで検索したときに、読者のニーズに合っていると判断された記事ほど、上位表示されます。この、検索で上位表示されやすくするための対策が「SEO」です。

検索順位が高いほど、ユーザーの目に触れる機会が増え、自然とアクセス数が向上します。SEOコンサルティングの経験と実績をもつ代行先に依頼することで、多くの効果が見込めるでしょう。

記事のリライト

すでに公開している記事の修正(リライト)も、代行可能です。

リライトは定期的に行うことで、SEOのスキルを用いた記事づくりによる検索順位の向上や、記事の内容更新・ブラッシュアップが目指せます。

リライトを依頼する場合、記事を最初から作り上げる必要がないため、リーズナブルな価格で対応してくれるケースが多いのも魅力といえるでしょう。

記事作成代行サービスなら「株式会社なかみ」へ

記事をつくるとき重視するポイントはさまざまですが、大切なのは自社に合った依頼先を見つけることです。

弊社「株式会社なかみ」は、さまざまなジャンルや物事の「なかみ」を魅力的に発信することに長けており、SEOの知見もあります。そもそも「どのような検索キーワードを狙うべきか?」という部分から、ご相談に応じます。

発信したいけど、何をすればいいかわからないとお悩みの方は、ぜひ一度お問合せください。

執筆:啓意リナタ(株式会社なかみ 提携ライター)